痔の症状に照準を合わせる~デリケートなカラダケア~

イボ痔の特徴

薬

痔は肛門周辺にできる病気であり、その種類は大きく分けると3つに分類することができます。さらに細かく分類すると痔の核が肛門の外側にあるのか肛門の内側にあるのかによってそれぞれ違ったものとして分類されるのです。そんな痔の中で特徴的な症状を持っているのがイボ痔です。イボ痔の中でも肛門の内側にできてしまうのが、内痔核と言われています。このイボ痔は痛みがほとんどありませんが、便を排出するときに血が出ていることや内痔核が便と一緒に出てくることがあるのです。痔核がどのようなものなのか説明すると血の塊です。これが腸付近で固まってしまい、痔の症状として現れるのです。
そんな痔の症状を詳しくチェックしておくことで、自分がどんな痔なのかを判断することができるようになっているので、ここでしっかり学んでおきましょう。このようなイボ痔になってしまう原因は便秘やトイレの時間が長い人に見られます。便秘が続くとどうしても力みがちになり、それが原因で痔核が出来るのです。
これと同じイボ痔でも肛門の外側にできる外痔核は外にあるので、直接確認することができます。内痔核と同じようなものですが、座るときなどに影響し激しく痛むといった特徴的な症状があります。
しかし、出血などの大きなトラブルはないので安心できます。このような外痔核になるのは便秘や下痢などになりやすい人、または、アルコールの大量摂取、長時間座った状態でいることです。
もしもイボ痔の症状が出た場合には、すぐに病院で対処してもらうようにしましょう。
専門の医師にどんな症状かしっかり伝えることができれば、治療も素早く行なえます。