痔の症状に照準を合わせる~デリケートなカラダケア~

種類で選ぶ

看護師

水虫を治療したいのであれば、薬に拘ることが大切です。水虫を治療する薬には大きくわけると2つのタイプに分類することができ、1つは皮膚科などの病院で処方されるものです。このタイプの薬は医療用医薬品と呼ばれています。これに対してスーパーや薬局で購入できるタイプの水虫治療薬を一般用医薬品と言います。
一般的にスーパーや薬局で販売されている薬には、化膿している状態には効果がないこともあるので、病院で抗生物質を処方してもらうようにしましょう。それ以外の場合ではドラッグストアなどで購入できる水虫治療薬を使えば、手軽に治療できるのです。ドラッグストアでも様々な種類の水虫治療薬が販売されていますが、その中でも特に効果的な治療薬を4つ紹介します。
ドラッグストアで購入できる水虫治療薬は安いものだと500円程度で入手できますが、高いものになると2,500円を超えるようなものまであります。またその治療薬はどのタイミングで使うべきかそれぞれ商品によって違うので、使用方法をしっかりチェックしてから購入する必要があります。
なるべく高い効果で早く水虫を治したいのであれば、あまりにも安い商品を避け、ある程度値段の高い商品を選ぶべきなのです。
以前は病院で処方されていたような塩酸テルビナフィンや塩酸ブテナフィンは現在薬局などで購入することができる水虫治療薬として、世界中でも注目を集めています。どちらも1日に1回の使用で効果を発揮します。
また塩酸アモロルフィンやラコナゾールも数年前に医療用医薬品から一般用医薬品に変わっています。
これらの治療薬も菌の繁殖を抑え、殺菌するので効果をすぐに実感できます。
このように水虫の治療薬は本当に効果的な成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。