痔の症状に照準を合わせる~デリケートなカラダケア~

対策方法

医療

水虫と言っても虫がカラダに寄生しているわけではありません。しかしカビがカラダに寄生していることは確かなので放っておくとどんどん広がっていく可能性もあります。カビの好む環境を作らないことが予防になります。カビが好む環境とは風通しが悪くジメジメしている場所です。このような環境が人間のカラダでできてしまう場所は足元です。特に冬場はブーツを履く女性が多いのですがその状態が長く続けば続くほど、蒸れてカビが発生しやすい環境になるのです。つまりブーツを長時間着用している人は水虫になりやすいので、注意しなくてはいけません。
また、水虫に感染すると他の人にも感染する可能性があります。感染経路は水虫になった人の角質が足から剥がれ落ちることによってそれを別の人が足で踏んでしまうことです。これは注意して見ないとわからないレベルなので家族に水虫患者がいる場合はなるべく早く対処しなくてはいけません。
水虫の対策は大きく分けると2つあります。それは医療機関で治療してもらう方法とセルフケアする方法です。
医療機関では医師が診察した後にそれぞれ適した薬を処方します。水虫の症状は患部が化膿していることや粘膜がある状態、炎症が起きている場合など状態は人によって異なるのです。セルフケアでも水虫の症状を見極めて薬を購入することが大切です。市販されている水虫の薬は患部がカサカサになっている場合や、ジュクジュクしている場合、広い範囲で痒みを伴う場合など症状に合わせて薬も選べるようになっています。